税金や手続きのための不動産まるわかりサイト

マンション不動産売買あれこれ

マンション不動産売買に関するトピックを紹介します。


  • 強制換価手続きとはどういったものですか?
    譲渡税の趣旨には資産が移った場合に、その資産の潜在的な値上がり益に課税するということをいいます。しかし強制換価手続などによって資産を移動する場合には、たとえその不動産所有者の全財産をもってしても債務の全額を返済することが
    続きを読む

  • 相続税の物納について教えてください。
    原則的に税金は、金銭で納税することされていますが、相続税では一定の条件(金銭納付が困難なときなど)をもとにして、物納制度が認められています。そのときには原則的に、納付するべき相続税額を超えてしまう価額の財産による物納は認
    続きを読む

  • 代替資産の取得期限について教えてください。
    代替資産は原則、収用などの日から2年以内に取得しなければなりませんが、代替資産の取得が難しい場合(2年以内に収用事業が完了しない)には、税務署長に代替資産の取得期限延長承認申請書を出すことによって、期限の延長を申請するこ
    続きを読む

マンション売買質問コーナー

  • 公益法人への寄附の取扱いがよくわからないのですが。

    個人が法人に対して土地や建物などを資産を贈与(寄附)した場合には、これらの資産は寄附した場合の価額(時価)で譲渡があったものとみなされます。そのためこれらの資産を得たときから寄附したときまでの値上がり益に、所得税が課され …

    続きを読む...

  • 代替資産の範囲の判定方法について教えてください。

    代替資産の範囲は下記のいずれかで判定することとなっています。収用等により得た補償金のなかで、代替資産の取得にあてた部分の額が、課税の繰延の適用をうけられることになっています。   (1)個別法 (2)一組法 (3)事業継 …

    続きを読む...

  • 強制換価手続きとはどういったものですか?

    譲渡税の趣旨には資産が移った場合に、その資産の潜在的な値上がり益に課税するということをいいます。しかし強制換価手続などによって資産を移動する場合には、たとえその不動産所有者の全財産をもってしても債務の全額を返済することが …

    続きを読む...

  • 被災市街地復興土地区画整理事業等にかかる特例について説明してください。

    下記のいずれかのケースにあてはまる際には、代替資産を得た際の課税の特例、または5000万円特別控除の適用をうけることが可能です。  (1)地方公共団体等が、都市再開発法による第二種市街地再開発事業の施行区域内にある土地等 …

    続きを読む...